ニキビ跡 リプロスキン 化粧水

リプロスキンはこんな方にオススメ!

リプロスキン ニキビ跡
リプロスキンは、ホームケアでニキビを治療することができる化粧水で、ニキビ痕で悩む男性やエイジングケアなど色々な人から愛用されています。

リプロスキンは、新発想のニキビケア専用の化粧品で、ニキビ痕が気になっている人をはじめ、今ニキビができている人にも効果のあるコスメです。

リプロスキンは、導入型柔軟化粧水なので、肌をゆるめる作用があります。

硬くなってしまった肌を生まれ変わりさせ、トラブルに強い肌に育てます。

リプロスキンには、8種類の美容成分がたっぷり配合されているので、ニキビ跡の凸凹や赤味、黒ずみなども解消する効果があり、うるおいのある美肌へと導きます。

口コミでも高い評価を得ているニキビ跡専用化粧水のリプロスキンは、ニキビ痕が普段から気になっている人、ニキビのできやすい人、ニキに効果的な化粧品を探している人、メイクでニキビをカバーしている人、などにオススメできます。

リプロスキンは、乱れてしまった角質層をやわらげてくれ新発想の化粧水なので、健やかな肌を手に入れることができます。

ニキビ痕に限らず長く使用できる化粧水なので、肌トラブルで悩んでいる人は、試してみる価値があります。


≪≪≪↓↓↓リプロスキンのお得なweb購入窓口と詳細情報はコチラ!↓↓↓≫≫≫


ニキビ・ニキビ跡のケアについて


できてしまったニキビやそのあとのニキビ跡をお家でケアすることは可能です。

市販の化粧品がお肌に合わない方でも、家にある天然の食品などを利用して作る手作りパックでニキビやニキビ跡に積極的にアプローチすることができます。

天然の素材を利用してつくる手作りパックはお肌に優しく、気軽に作ることができるのも魅力です。

まずはニキビケアに最適な手作りパックです。

はちみつとバナナを使ったパックはニキビと保湿力に適しています。

バナナのもつビタミンCの栄養素に保湿作用があります。

またビタミンCはコラーゲンの合成を増加させお肌のターンオーバーを促進させてくれる働きもあります。

乱れがちな角質層を整えてくれる働きでお肌の血行を促進しキメが整えてくれます。

またはちみつは抗菌作用をもつのでニキビにも優秀な働きを示します。

ニキビをケアしながら同時に必要な潤いも与えてくれる保湿パックとして大人ニキビにもぴったりです。

作り方はバナナ1本をフォークの背を使いよく潰します。

ピューレ状になるのが目安です。

そこにはちみつを小さじ1杯加えよく混ぜ合わせます。

お顔全体に塗り伸ばし約15分放置したとティシュでふき取り洗顔をします。

昔からやけどや日焼けなどに重宝されるアロエも手作りパックに使用できます。

アロエベラまたはキダチアロエの果肉大さじ2に対しはちみつは小さじ1です。

アロエは皮を取り除き中のゼリー状の果肉部分のみを使用しますが、スプーンなどを使用するとうまく取り除くことができます。

すり鉢を使いゼリー状の果肉をよくすり潰しはちみつとしっかりと混ぜ合わせます。

このときにブレンダーを使用すると簡単にうまく混ぜ合わせることができます。

出来上がったパックはコットンに塗りお顔にのせます。

約10分から15分ほど放置した後ぬるま湯でよく洗い流してください。

アロエのもつ収斂作用と抗菌作用、殺菌作用の恩恵が効果を発揮してくれます。

次にニキビ跡に効果的な手作りパックはアボカドで作ります。

森のバターと呼ばれ栄養価が高く健康や美容にも人気の果物アボカドはニキビ跡のパックとしても大活躍します。

ビタミンEをたっぷり含んでいるのが特徴です。

ビタミンEには優れた抗酸化作用があります。

細胞膜に対するダメージを防ぐ役割が、出来てしまったニキビ跡にも目立たなくさせる働きをみせてくれます。

また保湿力も高いのがポイントでソフトでしっとりとしたお肌になります。

材料はアボカド1/2個、ヨーグルト大さじ1杯、はちみつ小さじ1杯です。

熟したアボカドの実を潰して使用します。

このとき熟しすぎ黒く変色してしまった部分は取り除きます。

ヨーグルトとはちみつを追加してよく混ぜ合わせれば完成です。

10分から15分程度を目安にお顔にのせぬるま湯でよく洗い流してください。

このアボカドパックを少しアレンジするとさらに効果がアップします。

それがレモン汁です。

大さじ1杯ほどを加えてあげるとレモンのビタミンCパワーを得ることができターンオーバーを整えてくれる働きで、大人ニキビの予防にも役立ちます。

家にある身近な材料ですぐに作れる手作りパックで素晴らしい効果を得ることが期待できますが、使用前には必ずパッチテストを行うなどすることを忘れないようにしてください。

お肌の柔らかい部分や二の腕の内側などでパッチテスト行い反応をみます。

またどんなにお肌に良いからと言って過度な使用頻度はだめです。

お肌にかえって負担をかけてしまうことにもつながります。

週に1回から2回を目安に行うのが最も良いです。

作り置きなどはせずに1回分を作ることも大切です。

時間が経過することによる成分の変質を1回分だけ作ることにより防ぐことができるからです。


 

サイトマップ